投資日誌

【予想外】CPI上昇による利上げも、S&P500は何故か上昇??

この記事は約4分で読めます。

CPIの結果、前年同月比で8.2%に

S&P500は最安値更新、しかしその後、急回復

昨日の10/13、9月度の米国CPIが発表されました。

結果、前年同月比で8.2%に。

直近の市場予想では8.1%でした。

引用:マネック証券

これを受けてFRBは、政策金利を0.75ポイント利上げを決定。

これで、政策金利は3.75%~4.00%となりました。

先日の米国雇用統計の発表で、雇用者数が減少していなかったこともあり、予想では利上げ確率は92%となっていましたので、予想通りの利上げとなりました。

ですが、いくら予想通りとは言え、利上げは利上げ。

政策金利が上がれば、株価は下がりやすいのが常😭

CPI発表を受けて、S&P500は年初来最安値を再更新

一時、「3529.16」を叩き出しました……


し か し ! !

同日中に、まさかの急反発!!🤤


終値は「3671.82」となり、前日比+2.65%となりました。(   ◜◡◝   )ナンデ…?

引用:Google Finance

この日は、S&P500が約5%弱の値動きをする波乱の日となりました。

情報では、CPI発表直後の売り一巡後、売れすぎと見られ買い戻しされたとのこと…結果論な気もしますが、全く予想できませんでした。当分の間は不安定な相場となりそうです。

ちなみに、私の現状のポートフォリオは…

引用:マネーフォワード

年初来で約-50%を記録(   ◜◡◝   )…

こんなちょっとした上昇では、うんともすんとも言いません。

気絶しそうです(   ◜◡◝   )ヒエヒエ

ちなみに、最新の総資産内訳は、こんな感じです。

引用:マネーフォワード

今現在は、現金の割合が約6割を占めています。

また、現金の中身は9割がドルになります。

つまり、円安ドル高の恩恵を受けているにも拘わらず、ここまで総資産が下落しているということです。

😄

CPI動向の詳細

以下は、CPIを名目別に分析したグラフです。

引用:Bloomberg

これを見ると、「サービス(黒の棒グラフ)」の物価上昇が目立つことが分かります。

サービスは、CPI全体の約3分の1を占めるウェイトの大きい分野で、家賃・帰属家賃により構成されています。

つまり、家賃・帰属家賃の上昇が、CPI全体の上昇に大きく影響を与えているということになります。

CPI全体の下落には、家賃・帰属家賃の下落が必要不可欠ということです。以下の記事では、家賃・帰属家賃がいつ頃下落するか、予測情報について解説しています。

11月・12月も利上げペース劣らずか

以下は、今回の9月のCPI発表を受けて更新された政策金利予測です。

引用:Bloomberg

予測では、11月・12月共に75bpの利上げを見据える結果に。

利上げピークは、2023年3月のFOMC会合頃が目処となっています。

2023年3月までは利上げが続くとみて良さそうです…

所感

昨日はCPI発表を受けて、直後、S&P500は大幅に下落しましたが、その後上昇に向かい、終値はプラスになるという波乱の1日となりました。

ですが、利上げは11月・12月共に、ペースを落とさず続くと予測されていることもあり、EFFIC的に上昇は一時的なものと考えています。

よって、立ち回りとしては、やはり静観が無難かと思われます。

そもそも短期投資は投資初心者向けではないですし、こういった市場で参加すると、日々の乱高下する相場に精神を汚染されかねませんので。

かくいう私は、強靭な精神を手に入れる為、短期で市場に参加しています!!

さすがです!!

結果、資産を減らし精神が崩壊しかけています(   ◜◡◝   )

引用:マネーフォワード

ファイト👍

では今回はこのあたりで😌

長文をご一読頂きありがとうございました。

定期的に投資日誌の更新を行っていきますので、よければまたブログに来てみてください☺

また、内容でわかりにくい点、気になる点がございましたら、お気軽にコメントやメッセージ頂ければ幸いです👍

それではまた!!

ヨンデクレテ(   ◜◡◝   )この記事を「いいね」と思ったら、バナークリックお願いします!! (   ◜◡◝   )アリガトゴザマシタ

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資初心者へ

 

10分で学べる投資の基本 for BLOG - にほんブログ村

 

 

投資日誌
EFFICをフォローする
EFFIC の 投資の基本解説 BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました